チョコとお餅はどっちが太る?両方とも〜知らず知らずにたくさん食べてしまう傾向にあります

正月に、田舎に帰ってのんびりしていると言われる事が、餅を食え食えと勧められる事です。

と言うのも、我が家の正月は臼と杵で餅つきをして〜そのつきたてを食べたり保存したりするのですが、今回久しぶりに私達が帰省すると言うので、凄くたくさん餅をついてくれたんですよね〜なので、食え食え五月蠅かったのです。

でも・・・餅って結構スルスル胃袋に入って行ってしまうんですが、カロリーとかって一体どうなっているんだろう?と思いましたよ。

気になって眠れなくなったので、スマホでちょっと調べてみたら〜切り餅1個で120kcal位あると言う事なので、2個も食べたらもうご飯茶碗1杯分位になります。

これをスルスル〜っと食べていたら、1回で切り餅3〜5個分位は食べていた様な気がするので、毎日毎食食べ続けていたら、かなりのカロリーオーバーになっているのです。

と言う事で、私はとりあえずココまで!と言う量を決めて食べて、残りは保存〜持ち帰りと言う事にしました。

そうする事で、食べ過ぎを防ぐ事が出来ます。

ただ、持ち帰りのお餅も早々に食べきらないと、どこぞの餅工場みたいに1個1個個包装している訳では無いので、確実にカビが生えてしまうのです。

〜となると、数日間は餅を食べやすいメニューが続くわけですが、これがまた結構面倒〜と言うか、あまり餅レシピを知らないので色々調べて餅を消費して行く事になりそうです。

で、餅と同様にスルスルと食べてしまう傾向にあるのが実はチョコで、子供らもそうなんですがついつい仕事の合間に口さみしい時に食べてしまう傾向にあるのです。

最近のチョコ菓子には、個包装されている袋の表面にカロリー表示がされているモノもある事から、それを見ながら食べてカロリーオーバーにならない様にする事も出来るんですが、締め切り間際〜納品間際〜ともなるとそんな事も気にしてられませんで、ついつい口に運んで行ってしまうのです。

そうなると、仕事が終わった〜!時にハっと気付いてゴミ箱を見ると、凄い量のチョコのゴミがあったりして一瞬卒倒しそうになるんですが、まぁこれも仕事を片付ける為のエネルギー源だったと思う事にしています〜。

と言う感じで、餅もチョコも両方とも糖質なので、ついつい食べ進んでしまう理由も分からなくもないんですが、でもどこかでストッパーと言うか、ここまで!と止めてくれる機能が身体についているとイイな〜と思う時が多々あります。

青汁 おすすめ

しかし、この人類〜糖質をカットしてくれる機能は付いていないので、自分で食べるのを止めるしか無い状況が続くのです。